データと痩身エステ

人気記事ランキング

ホーム > 消費者金融 > 消費者金融のキャッシングの一番のメリットとは?

消費者金融のキャッシングの一番のメリットとは?

消費者金融のキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

ですが、カードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

ですから、カードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制があります。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

これに対して、カードローンやクレジットカードなどのローンは住宅ローンほど大きな金額にはなりませんし、返済期間も短期です。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

消費者金融は借りる時は簡単だけれど返済が遅れると毎日取り立てにやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも格段に多いです。

そのため、借入れや返済もコンビニ等で簡単に手続きができますしATM手数料が無料という消費者金融が多いですから銀行カードローンよりも便利です。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも借りやすいと人気です。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想されあまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからのネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

【消費者金裕.shop】によると、お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外にも為替や証券取引など様々な商品を扱っています。